メインイメージ

骨董品の買取は相場情報を手に入れるのがスタート地点

サブイメージ

業者への相談よりも相場を調べよう

不要な骨董品を買い取って欲しいと思ったらまず最初にやるべきなのが相場情報の獲得です。どうせなら少しでも高く売れた方が良いと考えるのはもっともなことです。いくらで売れれば十分に高く売れたと言えるのかを判断するために欠かせないのが相場情報です。どのくらいの価格で取引されている骨董品かがわかれば、その価格で買い取ってもらえたとすれば十分に高く売れたと考えられるでしょう。いくらで売れるかを知りたいからまずは買取業者に相談するという人もいます。しかし、それでは提示された買取価格が高いか低いかを判断することができません。適正価格で買い取ってもらえるようにするには相場を理解しておくことが必要なのです。

相場がわからないときには

骨董品の相場情報を手に入れるのは難しい場合があります。多数流通しているものであれば相場が明確になりますが、たった一つしかないものも多いのが骨董品の特徴だからです。同じ作者のものだったとしても価格には雲泥の差が出ることもあるので、類似している骨董品がこの価格だから相場もこのくらいだろうと考えることはできません。希少価値が高い骨董品ほど相場がわからない傾向があります。困ったときにはあえて買取業者に査定を依頼しましょう。いくつかの業者に査定を依頼してみると大体同じような価格が付き、およそその程度の価格で売れるのだということがわかります。それを相場とみなすことによって高く売れる業者がどこかを見極めることは可能です。