メインイメージ

骨董品を売るなら避けておきたいのが宅配買取

サブイメージ

宅配買取はリスクがあるから他の方法を選ぼう

骨董品を売るときには主に三つの買取方法を選ぶことが可能です。買取店の店頭に持ち込んで売る店頭買取が最もポピュラーで、余計な手数料がかからない分だけ高く売れる可能性があります。しかし、店頭まで持ち込まなくても買取を依頼することが可能です。宅配買取と出張買取がよく行われるようになっているからです。宅配買取は宅配便で品物を送ることにより買い取ってもらえる仕組みになっています。出張買取は自宅などの指定するところまで来てもらった上で買い取ってもらう方法です。どちらも無料サービスとして行われていることが多く、骨董品の買取でもよく利用されています。しかし、宅配買取はリスクが高いので避けておくのが無難です。 宅配買取は宅配便で買取業者に骨董品を送る必要があります。宅配業者には壊れ物として丁重に扱ってもらうことになりますが、それでも輸送の間に振動で傷がついてしまったり、保管中に熱や湿気で変質してしまったりするリスクがあるのです。買取業者の手に渡ったときには、自分が持っていたときよりもかなり状態が悪くなってしまう可能性があります。買取価格が下がってしまう原因になるので、宅配業者に委ねずに買取業者に見てもらえるようにするのが肝心です。自分なら絶対に安心な方法で運べると思うなら店頭買取を利用すれば良いでしょう。自分で運ぶのもやはり心配なら出張買取にこだわって、自宅にある状態の骨董品を見てもらうのが賢明です。