メインイメージ

骨董品を売りたいなら出張買取を利用するようにしよう

サブイメージ

骨董品は少しのことで価格が変わる

骨董品の買取をしてもらうときには出張買取を利用するのが安全策です。その最大の理由は保管してある状態で査定してもらえるからです。骨董品の価値は少しのことで変動してしまい、大幅に価格が下がってしまうこともあります。例えば買取店に持って行こうとして、今まで大切に倉庫にしまってあった骨董品を取り出したら傷をつけてしまったという場合もあるでしょう。車に載せて運んでいたら倒れてしまった、日に当たって変色してしまったなどのトラブルはよくあるものです。自宅の保管してあるところまで来てもらい、その状態で査定してもらうとこのようなリスクはありません。最も高額査定になる可能性が高いのでまずは出張買取を依頼しましょう。

出張買取を依頼するには

骨董品の出張買取を依頼したいときには買取業者に連絡するだけで問題ありません。電話やFAX、メールやウェブフォームなど、様々な形で連絡を取れるようになっています。連絡をするときには骨董品についての情報を求められることが多いので準備しておきましょう。どんな種類のもので、いつ頃、誰によって作られたものかといった情報が必要になることもあります。売りたいと思っている骨董品の写真を撮って送って欲しいと言われることもあるので、予めデジカメなどで写真を撮っておくとスムーズです。その情報に基づいてどのくらいの価格で売れるかを教えてくれることも多く、その業者に本当に自宅まで来てもらうかどうかを判断しやすくなります。