メインイメージ

自宅にお宝が眠っているかも!?骨董品には多くの種類がある

サブイメージ

骨董品の種類は実にさまざま!

一口に骨董品といっても、その種類は多岐にわたります。主な種類は、絵画、陶器、茶道具、工芸品などに分類されます。骨董品を古く希少価値があるものと定義するなら、海外のアンティーク製品なども含まれるでしょう。マイセン、バカラ、ロイヤルコペンハーゲン、ラリックなどの西洋アンティークも買取市場では高値の取り引きが行なわれています。また、時計や着物なども古く精巧に作られた芸術的なものに高い価値が付く傾向があります。先祖代々引き継いだものの中に、そのようなお宝的価値のあるものが眠っているかもしれませんね。

骨董品の価値を知る簡単な方法とは?

もし骨董品が手元にあった場合、どのくらいの価値があるのか気になりませんか。有名なテレビ番組に応募して鑑定してもらう方法もありますが、簡単に骨董品の価値を知るには古美術や骨董品の買取業者の査定で知ることができます。しかし、上で説明したように骨董品の種類は多岐にわたるため、すべてに精通して価値がわかるというものでもありません。国内の陶磁器には強いものの、西洋のものについてはあまり知識がない場合もあります。 買取業者の取扱品目や買取実績などを見て見当をつけてから、査定依頼を申し込むと良いでしょう。割れ物などがたくさんある場合には、運ぶのも相当な手間がかかります。無料で出張査定をしている買取業者なら安心して依頼できますね。査定してもらい、売る決心がつけばその場で現金で買い取ってもらえることがほとんどです。