メインイメージ

骨董品を売るための方法と一般的な流れを知ろう

サブイメージ

まずは売り方を決めよう

骨董品を売るときにはどんな売り方をするかを決めることが必要です。店頭での買取が一般的でしたが、自宅まで買取に来てもらうこともできるようになりました。宅配便で送って買い取ってもらう方法も選べるため、自分にとってどれが一番都合が良いかを考えて選ぶのが大切です。売り方によって手続きのしやすさに違いがあるだけでなく、高く売れる可能性の高さも異なります。店頭に持ち込むのは手間がかかりますが、業者にとっては出張などの手間も費用もかからないので高く買い取ってもらえると期待できるでしょう。しかし、宅配便で送るだけで買い取ってくれるなら手間がかからないのも確かです。どの方法が良いと考えるかは人によって違うので、自分なりの決断をしましょう。

売り方によって手順は違う

骨董品を店頭で売るときにはただ持ち込むだけで大丈夫です。その場で査定をしてくれるので、その価格に納得できたら書類手続きをするという流れになります。しかし、出張買取や宅配買取の場合にはやや流れが異なるので注意が必要です。どちらの場合にも基本的には簡易査定を受けることになります。骨董品の詳細情報を業者にメールや電話などで伝え、どの程度の価格で買い取れるかを判断してもらうことが必要なのです。業者としては出張したり、宅配便の送料を負担したりしても十分に利益を得られる骨董品かどうかを判断したいのです。そのため、査定結果によっては売れないこともあるので注意しなければなりません。